減塩

高血圧

お父さんへの ケンコウ生活と言う名の贈物
  

     ☆ケンコウ生活に役立つ健康豆辞典集☆


  ”健やかで楽しい健康に恵まれた生活”を一生送れる事を
  目的に、知っているとケンコウ生活に役立つ情報を健康
  豆辞典と言う形でまとめました。

  糖尿病や動脈硬化、コレステロールやメタボリック、高血圧
  や脳卒中、心臓病、がん、と言った様な生活習慣病を中心
  とした病気予防に関する情報や、肥満対策・ダイエットや
  ビタミン、ミネラル等の栄養に関する豆知識まで幅広く
  ご紹介しています。
ケンコウ生活と言う名の贈物【HOMU】血圧異常と血液>減塩と高血圧
  スポンサードリンク
     

         ☆減塩と高血圧のぺージ


       減塩高血圧についてご紹介します。

  高血圧の原因として上げられる物の一つに、塩分が
 あります。

 以前は高血圧と言うと、減塩と言われていました。

 確かに現在でも、塩分過多は高血圧の原因と言うのは
 事実です。

 しかし、減塩をしても血圧が下がらない人もいます。

 あるデーターによると、減塩で血圧が下がる人は、全体の
 半数程度とも言われています。

 これはなぜかと言うと、体質に関係しています。

  塩分が血圧を上げるメカニズムは、塩分を摂る事により
 細胞内のナトリウム濃度が上昇するために、ナトリウムは
 水分を取り込んで濃度を調整します。

  (ナトリウムに関する情報は、下記のページからどうぞ!)
      ( ナトリウム関する情報ぺージ )

 その為に、多くの水分が必要となり、水分が多くなる為に
 血液量が増え、血管にかかる圧力が上昇します。

 本来、過剰な塩分については、過剰なナトリウムを腎臓から
 排出しますが、この時に働くのが、食塩感受性という、塩を
 処理する能力です。

 この食塩感受性が弱い体質の人は、塩分に敏感に反応して
 どんどん塩分を体内に摂り入れてしまいます。

 その為に、血圧が上がるのです。

  しかし、逆に、食塩感受性が高い人は、塩分の排出機能も
 高い為、減塩しても高血圧の改善にはなりません。

 この感受性の高い人は日本人の約6割と言われていますが、
 かといって、塩分を摂りすぎると、感受性が低下しますので
 注意が必要です。





  ※当サイトでは、高血圧の予防や対策に役立つ情報を、
  このぺージ以外にもご紹介しています。
  どうぞ、高血圧対策に合わせてご覧下さい。

   高血圧や血圧に関する情報は、
   ☆血圧異常と血液カテゴリー内の「血圧関係情報」の
    各ページをご覧下さい。






                スポンサードリンク

  




 
 ☆お父さんへのケンコウ生活と言う
   名の贈物【HOMU】



 ☆ライフスタイル

 ☆ライフスタイルと病気予防

 ☆心の健康:ストレス

 ☆良いストレス・悪いストレス

 ☆ストレスに強い人・弱い人

 ☆食と健康

 ☆サプリメント

 ☆注意!間違ったサプリ選び

 ☆イチョウ葉エキスとDNAサプリの選び方

 ☆健康維持の為に知っておきたい
   ダイエットとは?


 ☆気をつけよう!間違いダイエット
 

 ☆ケンコウ生活に役立つ健康豆辞典集☆

 ☆生活習慣病

 ☆糖尿病の予防と対策

 ☆糖尿病と血糖値

 ☆コレステロールとメタボリック

 ☆ストレス

 ☆肥満対策とダイエット

 ☆血圧異常と血液

 ☆血管の構造と動脈硬化

 ☆がん予防と対策&活性酸素

 ☆心臓病(虚血性心疾患)対策

 ☆脳疾患と認知症(ボケ)関連

 ☆痛風と骨粗鬆症と前立腺肥大

 ☆栄養に対する豆知識1

 ☆栄養に対する豆知識2

 ☆ビタミン・ミネラル豆辞典



 ☆お役立ちリンク集

  ☆プロフィール&リンクについて




Copyright (C) All Rights Reserved