血液

血液とは

お父さんへの ケンコウ生活と言う名の贈物
  

     ☆ケンコウ生活に役立つ健康豆辞典集☆


  ”健やかで楽しい健康に恵まれた生活”を一生送れる事を
  目的に、知っているとケンコウ生活に役立つ情報を健康
  豆辞典と言う形でまとめました。

  糖尿病や動脈硬化、コレステロールやメタボリック、高血圧
  や脳卒中、心臓病、がん、と言った様な生活習慣病を中心
  とした病気予防に関する情報や、肥満対策・ダイエットや
  ビタミン、ミネラル等の栄養に関する豆知識まで幅広く
  ご紹介しています。
ケンコウ生活と言う名の贈物【HOMU】血圧異常と血液>血液
  スポンサードリンク
     

         ☆血液のぺージ☆血液とは!


         血液についてご紹介します。

  血液の主だった働きとしては、

   1、細胞組織に酸素や、栄養素を運んだり、二酸化炭素や
     老廃物を受け取り各臓器に送る、

   2、細菌から体を守る、

   3、止血作用、

   4、体温を一定に調節する

  などがあります。


  血液量は、体重の約13分の1(50kの人は約4キロ(1升瓶
         2本分)で、骨髄(骨の中)で作られます。


  血液の作られる場所は、

   新生児は全身の骨格、

   成人は椎骨、胸骨、肋骨

   に限られ、作られた血液は、骨の中の毛細血管を通り、
   外の血管へ送られます。


  血液の寿命としては、

   赤血球で100〜120日で肝臓、脾臓で破壊され、

   白血球は、約2週間で、

   リンパ球、血小板なら、数日間で寿命を迎え、

  新しい血液が造られていきます。


  血液内部の構成と役割としては、

   赤血球は、酸素、二酸化炭素の運搬、

   白血球は、外部から侵入した病原微生物等の異物を殺す
           (白血球の死骸が膿や鼻汁です。)

   リンパ球は、白血球の一種で、体内に入った物が
          生まれつき体内に持った物かどうかを判断する。
          免疫との関係が深い。

   血漿は、水分、栄養素、老廃物を運ぶ、水分、塩分等を
         調節する。

   血小板は、血管の損傷部をふさいで止血する(血液を凝固
           させる)

  等があります。





                スポンサードリンク

  




 
 ☆お父さんへのケンコウ生活と言う
   名の贈物【HOMU】



 ☆ライフスタイル

 ☆ライフスタイルと病気予防

 ☆心の健康:ストレス

 ☆良いストレス・悪いストレス

 ☆ストレスに強い人・弱い人

 ☆食と健康

 ☆サプリメント

 ☆注意!間違ったサプリ選び

 ☆イチョウ葉エキスとDNAサプリの選び方

 ☆健康維持の為に知っておきたい
   ダイエットとは?


 ☆気をつけよう!間違いダイエット
 

 ☆ケンコウ生活に役立つ健康豆辞典集☆

 ☆生活習慣病

 ☆糖尿病の予防と対策

 ☆糖尿病と血糖値

 ☆コレステロールとメタボリック

 ☆ストレス

 ☆肥満対策とダイエット

 ☆血圧異常と血液

 ☆血管の構造と動脈硬化

 ☆がん予防と対策&活性酸素

 ☆心臓病(虚血性心疾患)対策

 ☆脳疾患と認知症(ボケ)関連

 ☆痛風と骨粗鬆症と前立腺肥大

 ☆栄養に対する豆知識1

 ☆栄養に対する豆知識2

 ☆ビタミン・ミネラル豆辞典



 ☆お役立ちリンク集

  ☆プロフィール&リンクについて




Copyright (C) All Rights Reserved