無呼吸症候群

無呼吸 症候群

お父さんへの ケンコウ生活と言う名の贈物
  

     ☆ケンコウ生活に役立つ健康豆辞典集☆


  ”健やかで楽しい健康に恵まれた生活”を一生送れる事を
  目的に、知っているとケンコウ生活に役立つ情報を健康
  豆辞典と言う形でまとめました。

  糖尿病や動脈硬化、コレステロールやメタボリック、高血圧
  や脳卒中、心臓病、がん、と言った様な生活習慣病を中心
  とした病気予防に関する情報や、肥満対策・ダイエットや
  ビタミン、ミネラル等の栄養に関する豆知識まで幅広く
  ご紹介しています。
ケンコウ生活と言う名の贈物【HOMU】生活習慣病>生活習慣病と無呼吸症候群
  スポンサードリンク
     

           ☆生活習慣病と無呼吸症候群のぺージ!


   生活習慣病無呼吸症候群についてご紹介します。

  睡眠時無呼吸症候群とは、就寝中に呼吸が異常呼吸の状態
 になり、いびきや、無呼吸(呼吸停止)などの症状を起こす病気
 です。

 放置していると、知らない内に身体に様々な障害を及ぼす病気
 です。

  また、睡眠中、熟睡ができない為に、いくら寝たつもりでも、
 日中とても眠い事が多く、その為交通事故の原因になったりも
 します。

  睡眠時無呼吸症候群は、肥満の人やあごの小さい人、舌の
 大きい人に多く見られる症状で、中でも、肥満の人が全体の
 80%を占めます。

  具体的には、就寝中に気道が舌などでふさがれてしまったり、
 肥満による気道の閉塞等の為に、異常に大きいいびきを
 かいたり、一晩に何回も呼吸が止まる為に、睡眠が妨げられ
 起こります。

 比較的軽症であれば、ダイエット、禁酒、禁煙、横向きに就寝
 するなどの方法で解消できますが、頻繁に呼吸が止まったり、
 日中の仕事や、運転に影響がでる様なら専門医の治療が必要
 です。

  更に睡眠は、日々の疲労を回復して、疲れを明日に持ち
 越さない様にする為、生活習慣病などから身を守る等の
 健康にとって必要な事の一つです。

  しかし、ストレス社会と呼ばれる現代は、睡眠障害を訴える人
 が多く、5人に1人の割合で睡眠障害を抱えていると言われて
 います。

  人間は睡眠中に生体活動に必要な、生体リズムや新陳代謝の
 リズムを整えますので、睡眠の質が低下すると、糖質や脂質の
 ホルモン代謝が狂い、生体リズムが崩れてしまいます。

 そうすると、高血圧や高脂血症、糖尿病等の生活習慣病に
 なり易くなる訳です。

  質の良い睡眠をする為には、睡眠時無呼吸症候群などの
 睡眠疾患の解消は、勿論の事、寝具や環境、生活バランスに
 気を配る事が必要です。

 また、質の良い睡眠を快眠と言いますが、現代は環境変化など
 の理由により快眠をしにくくなっています。

 睡眠障害を解消して快眠に必要な事はいくつかあります。

 一点目は、寝室の明るさ、湿度、温度、騒音などの環境を整える
 事です。

 二点目は、就寝時間、起床時間、食事、運動などの生活リズム
 を整える事です。

 三点目は寝具です。
 布団を干す、枕は低すぎず、高すぎず等です。

 最後は、入浴です。ぬるめのお湯に、就寝時間の2時間前位
 までに入る事をお勧めします。

 また、就寝前4時間位の間にカフェイン飲料を飲むと、
 眠りの質が低下しますので注意が必要です。





                スポンサードリンク

  


 
 ☆お父さんへのケンコウ生活と言う
   名の贈物【HOMU】



 ☆ライフスタイル

 ☆ライフスタイルと病気予防

 ☆心の健康:ストレス

 ☆良いストレス・悪いストレス

 ☆ストレスに強い人・弱い人

 ☆食と健康

 ☆サプリメント

 ☆注意!間違ったサプリ選び

 ☆イチョウ葉エキスとDNAサプリの選び方

 ☆健康維持の為に知っておきたい
   ダイエットとは?


 ☆気をつけよう!間違いダイエット
 

 ☆ケンコウ生活に役立つ健康豆辞典集☆

 ☆生活習慣病

 ☆糖尿病の予防と対策

 ☆糖尿病と血糖値

 ☆コレステロールとメタボリック

 ☆ストレス

 ☆肥満対策とダイエット

 ☆血圧異常と血液

 ☆血管の構造と動脈硬化

 ☆がん予防と対策&活性酸素

 ☆心臓病(虚血性心疾患)対策

 ☆脳疾患と認知症(ボケ)関連

 ☆痛風と骨粗鬆症と前立腺肥大

 ☆栄養に対する豆知識1

 ☆栄養に対する豆知識2

 ☆ビタミン・ミネラル豆辞典



 ☆お役立ちリンク集

  ☆プロフィール&リンクについて




Copyright (C) All Rights Reserved