フコイダン

フコダイン

お父さんへの ケンコウ生活と言う名の贈物
  

     ☆ケンコウ生活に役立つ健康豆辞典集☆


  ”健やかで楽しい健康に恵まれた生活”を一生送れる事を
  目的に、知っているとケンコウ生活に役立つ情報を健康
  豆辞典と言う形でまとめました。

  糖尿病や動脈硬化、コレステロールやメタボリック、高血圧
  や脳卒中、心臓病、がん、と言った様な生活習慣病を中心
  とした病気予防に関する情報や、肥満対策・ダイエットや
  ビタミン、ミネラル等の栄養に関する豆知識まで幅広く
  ご紹介しています。
ケンコウ生活と言う名の贈物【HOMU】☆がん予防と対策&活性酸素>フコイダン(フコダイン)
  スポンサードリンク
     

        ☆フコイダン(フコダイン)のぺージ


   フコイダンフコダイン)についてご紹介します。

  フコイダン(フコダイン)と、ガンの関係についてご紹介
 します。フコイダンは、フコダインと呼ばれる事もありますが、
 その多くは、フコイダンの呼び間違いであり、正式名称は
 フコイダンと言います。

 フコダインと言う成分は、本当は存在しないのですが、
 フコダインも認知度が高く、現在はフコイダンとフコダインは
 同意語として使用されています。


  フコイダンとは、コンブやモズク、わかめ等の海藻類に
 含まれるヌルヌル成分です。

 ちなみに、このヌルヌル成分は人体では、胃の粘膜とほぼ
 同様の成分で、健康にとても役立つ成分です。

 フコイダンは海藻類の中でも、比較的モズクに多く含まれて
 いるとされていますが、そのモズクからでも1キロ当たり、
 1グラムしか採る事が出来ない為に、大変貴重な健康素材
 と言われています。

 アルギン酸やラミニンなどの成分が豊富に含まれていて、がん
 予防に役立つとされ、人気の高い健康成分です。

 もずくなどの海藻類に含まれていますが、多くは健康食品と
 して販売されています。

  豊富な健康成分の中でも、フコダインはガンに効くと人気が
 高いわけですが、フコイダンが他の抗がん性を持つ成分と
 違う点は、人間の持つ病気から体を守る力である自然治癒力
 を向上させる事と、がん細胞を直接死滅させる力を持つ事です。

 免疫力を向上させて、自然治癒力を強化して、ガンを予防する
 だけではなく、すでにガン化してしまった細胞に対し働きかけ、
 がん細胞を自滅させる力を持ちます。

  さらに、ガン細胞を捕まえ、細胞に穴を開けて、毒素を注入して
 ガン細胞を死滅させると言う力も持ちます。

 この力により、フコイダンは、ガンに有効であるとされ、注目を
 集めています。

  他にも、フコイダンの含有成分であるアルギン酸や、ラミニン
 と言った健康成分は、コレステロールを抑制したり、高血圧の
 予防に働くと言われ、生活習慣病の予防を中心に高い人気を
 誇る健康食品です。

 また、最近では、胃潰瘍などの原因とされる、ピロリ菌を死滅
 させる働きもあるとされています。




 ※最後までご覧頂き有難うございます。

  当サイトの「お父さんへのケンコウ生活と言う名の贈物」では、
  このぺージ以外にも、ガンと関連する疾患及び臓器に関する
  情報 や、がん予防に効果の期待出来る栄養素 、
  活性酸素に対する情報などの、がんと活性酸素に関する情報
  をご紹介しています。

  ご興味のある方は下記のカテゴリーぺージ内の各ページを
  ご覧下さい。

   「☆がん予防と対策&活性酸素に関するカテゴリーぺージ」







                スポンサードリンク

  




 
 ☆お父さんへのケンコウ生活と言う
   名の贈物【HOMU】



 ☆ライフスタイル

 ☆ライフスタイルと病気予防

 ☆心の健康:ストレス

 ☆良いストレス・悪いストレス

 ☆ストレスに強い人・弱い人

 ☆食と健康

 ☆サプリメント

 ☆注意!間違ったサプリ選び

 ☆イチョウ葉エキスとDNAサプリの選び方

 ☆健康維持の為に知っておきたい
   ダイエットとは?


 ☆気をつけよう!間違いダイエット
 

 ☆ケンコウ生活に役立つ健康豆辞典集☆

 ☆生活習慣病

 ☆糖尿病の予防と対策

 ☆糖尿病と血糖値

 ☆コレステロールとメタボリック

 ☆ストレス

 ☆肥満対策とダイエット

 ☆血圧異常と血液

 ☆血管の構造と動脈硬化

 ☆がん予防と対策&活性酸素

 ☆心臓病(虚血性心疾患)対策

 ☆脳疾患と認知症(ボケ)関連

 ☆痛風と骨粗鬆症と前立腺肥大

 ☆栄養に対する豆知識1

 ☆栄養に対する豆知識2

 ☆ビタミン・ミネラル豆辞典



 ☆お役立ちリンク集

  ☆プロフィール&リンクについて




Copyright (C) All Rights Reserved